五十肩の医療機関での治療方法

五十肩とは、誰でも起こる可能性のある病気で、医学的には「肩関節周囲炎」と言われています。
これは、発症後1か月くらいの間に強い痛みがあり、その後は徐々に痛みは軽減されますが、限られた範囲でしか動かせなくなる後遺症が残ってしまいます。
また、「腱板断裂」や「石灰性腱炎」などの可能性もあるため、医療機関での早期診断と早期治療を行う事が大切です。
五十肩の治療には「安静」や「薬物療法」や「運動療法」などが行われます。
三角巾などを使って患部を固定し、左右の肩の高さを平行にして力を抜き、肩周辺に加わる刺激を減らすのが「安静」です。
それでも痛みが続く場合には、消炎鎮痛剤やステロイド薬のどちらかを炎症の強さによって注射する「薬物療法」を行います。
そして、痛みが和らいできたところでリラクゼーションで肩関節の慢性的なストレスを解放する「運動療法」に入ります。
医師から指示されたストレッチの継続させる事が早く治す方法だと言えます。