五十肩は適切な医療処置で改善できる

中年以降40代から50台に差し掛かる頃の肩の痛みを一般的に五十肩・四十肩などといいます。
しかしこの病態を医学的には何と表すかといいますと、肩関節周囲炎です。
この肩関節周囲炎も細かく分類すると肩のどの部分が損傷しているかによってさらにいい分けることができます。
突然に発症した激烈な疼痛の場合ですと、医療機関を受診しようと思います。
が、特にこれといった誘因なく徐々に痛みが経過しているものは、そのうち治る等と考えがちです。
期間が長期化すればするほど、痛いから動かさない。
動かさないから肩が拳上しにくくなってくる。
挙上しにくくなると困るから無理に動かそうとする。
そしてまた痛むといった悪循環に陥ります。
しかし、適切な医療機関の受診をしていれば五十肩も怖くはありません。
専門家にどの部位で炎症が起こっているのか診断してもらいます。
そしてどの動作が悪化要因か、安静が必要か否かを指導してもらいます。
それから適切な時期に適切な可動域改善運動を指導してもらうことが、五十肩解消の近道です。